ヨーロッパ最大規模の有機農園を構えるイタリア、「スペッキアソル社」について

 

完全無農薬・無化学肥料


スペッキアソルが保有するプーリア州サレント郊外にあるサン・デメトリオ農園では、
ICEA認証を持つオーガニックハーブを生産しています。

地中海の気候と風土に合うハーブだけを生産しているので、ハーブはより自然に生育し、
より効果の高いものになります。

農薬も化学肥料も一切使わず、自然のサイクルを尊重し大地に優しい農業を実現しております。
 

最適な収穫時期の見極め


それぞれのハーブには、正しい収穫の時期があります。
例えば花の場合には、開花し始めた時が最も香りがよく最適な収穫時期です。

スペッキアソルでは、農学のスペシャリストがそれぞれのハーブの成長サイクルを念頭に、
最適な収穫時期を見極めています。
 

豊かな環境で作られた素材だけを使った高い品質


サレント郊外、プーリア州の美しい海岸から数キロのところに位置する町、
スペッキアに、サン・デメトリオの新しいハーブ農園、および加工所があります。

ハーブ農園は豊かなオリーブの林に囲まれ、
大気汚染などの心配のない健康な環境に恵まれています。

そうした環境で生産されたオーガニックな素材に、
最新の技術を導入することで、最高の品質を保っています。
 

イタリア自然化粧品メーカー スペッキアソル社

HC+Proの製造メーカースペッキアソル社は1973年、まだナチュラルセラピー(自然治療法)が将来的に発達するということが想像できなかった時代に、創業者ジュゼッペ・マリア・リッキュート氏が自然化粧品は現代社会の期待とニーズを満たすと考え設置いたしました。『植物療法と生活の質』ということを壮大なテーマとし、今日では世界中へさまざまな植物製品をお届けしています。
 

自然医学と最新技術を駆使した生産管理


最新技術を備える研究所と生産センターでは、厳しい科学研究と伝統経験と生かし、幸せと健康へ高い関心を寄せる消費者のニーズを満たすため、効果的で高品質な商品開発に日々努めています。
 

ヨーロッパ最大規模の有機農園


スペッキアソル社が所有する南イタリア・プーリア州のサン・デメトリオ有機農園は100ヘクタールの広大な農地で、ICEAのInspection and Certification(検査と認証)登録ECC2092/91の基準にしたがって作られました。地中海の気候にも恵まれ、現在ヨーロッパ最大規模を誇る有機農園です。この農園ではカモミール、カリフォルニア・ポピー(キンエイカ)、エキナセア、ラベンダー、ローズマリー、セージ、サボリー、マリーゴールド、ミントなどの植物を無農薬で栽培しています。 また、北イタリア・ヴェローナにはフェッラーラ・ディ・モンテ・バルド有機農園を所有し、緩やかな斜面の山の中腹での、薬草栽培には大変理想的な気候を生かして多種多様な薬草を栽培しています。
 

多くの病院で採用、各大学と共同研究


現在スペッキアソル社の様々なハーブ製品は、多くの科学研究所・病院・大学クリニック等で採用されています。また、薬草の研究を行うため多くの大学に補助金を提供、各大学との共同研究に取り組み、確かな成果をあげています。
 

グルジアの貧しい子供達を救う活動に参加しています


スペッキアソル社は、皆さまからいただいた収益の中から、グルジアの貧しい子供たちを救う「カリタス・グルジア」の活動に参加しています。「カリタス・グルジア」(caritas Georgia)とは、1994年に創立されたグルジアの戦災孤児達の食糧、衣服、医療や教育の為に活動している国際NGO組織です。